外付けハードディスクのメーカーについての説明

サイトマップ

亀幸ヘッダー画像

buffalo製,io-data製などハードディスクのメーカーにはいろいろありますが

外付けハードディスクのメーカーには
いろいろありますが
ケースの中のハードディスクのメーカーは
同じだったりします

bufflao製ハードディスク3.5インチ IO-DATA製ハードディスク3.5インチ io-data製ハードディスク2.5インチポータブルタイプ transcend製HDD2.5インチのポータブル lacie製のhdd2.5インチのポータブル lacie製のhdd3.5インチの据置型

buffalo、IO-DATA、Lacie、Transcend、Western digital社など 
外付けハードディスク(HDD)を販売している会社も多数あります
しかし中のハードディスクのメーカーは同じだったりします
一番流通量の多い、有名なメーカーはseagate製、ウエスタンデジタル(western digital)製、hitachi製、東芝製 などです
他にも富士通製、samsung製もあります

 

3.5インチの据え置き型(電源が必要)


2.5インチのポータブルタイプ


の2タイプあります
ものにもよりますが3.5インチの方がコピーのスピードは速いものが多いと思われます
あと、USB2.0と3.0がありUSB3.0タイプ(青色のUSB)の方が転送速度は速いです。

ハードディスクの容量について

大は小を兼ねる! と思い 
大容量のハードディスクを買っていませんか?

量販店などに行くと、最近はハードディスクが大容量化しており1TB,1.5TB,2TBなど
大容量のハードディスクが多数販売されています
恐らく少し値段が高いだけで 大容量のものが販売されており
大きい方がいいだろう  という思いで購入されたのではないでしょうか?
テレビの録画データ、ホームビデオデータ、音楽データなどが大量にあり
どうしても1TB以上の大容量のハードディスクでないと足りない
という方はしかたがないですが、ご利用のバックアップするデータが
数千枚~1,2万枚の写真データ、word,excel,住所録のデータだけ
という方の場合 おそらく500GBもあれば充分です。

500GBぐらいのHDDにとどめておくと
メリットもあります!


ポイントアイコンメリット1万一の時のデータ復旧料金が安価ですみます
(当店のデータ復旧料金の表をご覧いただければわかると思いますが)
2TB、3TBと大容量になればなるほど、復旧料金は跳ね上がってしまいます。
ポイントアイコンメリット2もう一つ、これはわたくしが感じる印象ですが、大容量になればなるほど、
寿命が短い、不安定さ を感じます
これはあくまで わたくしの主観です 
(500GBのHDDが 必ず長寿命で大容量タイプが短命 というわけではありません)